Hatena::Groupwiredlife

裏側ヒュースケン

2009/12/10 Thursday

[]もはやGoogle自体がやばい

インターネッコの皆さんはご存知でしょうが、ここ数日のGoogleが毎日すごくてですね。生活にぐいぐい食い込んでこようとしている。

  • Google日本語入力発表:おなじみ「もしかして」を活用した日本語サジェスションがすごいらしい。後で入れてみるが、あえての誤用や流行語がバンバン出るのではちょっと使えないかなと思う。
  • Google DNS発表:下で書いているとおり。マップが超速になった以外はいまのところ恩恵なしだが、何かの布石だと思う。
  • Google音声検索発表iPhoneに向かって、たとえば「小伝馬町から練馬」とかしゃべると、音声を解析してGoogleで検索してくれる(この場合は乗り換えの検索結果が表示される)という脅威の機能。またiPhoneに未来きちゃった。静かな屋内で使えば認識率はほぼ100%(マジです)が、まだまだ喧噪に弱い。こんなの、飲み会で「最近かわいいアイドルって誰?」みたいな話になったときに画像検索できなきゃしょうがないでしょ。そんなことないですか。
  • Google Goggle発表:カメラで撮影した画像をもとに検索ができる。本とかCDに強い様子。
  • Google ChromeのMac版と拡張機能リリース:ブラウザはこれを使えということのようです。Chromeはものすごい速さで動くブラウザなので、IEしか知らない人はぜひ併用してみてほしい。
  • Googleマップに徒歩案内搭載iPhoneのマップに「経路検索』があったのですが、最寄りの駅までは直線で表示されてしまい使い勝手がイマイチ(てか使えない)でした。が、ついに道路を認識し完璧なナビゲーションとなりました。もちろんiPhoneはGPSを搭載していますし、3GSなら電子コンパスも内蔵しています。すなわち、iPhoneの画面に示されているとおりに動けば目的地に到着できることになりました。ちょっと試した感じ、細い道もおかまいなしで最短距離を取ってる風があり、ちょっと注意が必要です。でもまたひとつiPhoneに未来がきちゃったことは確実。

GoogleiPhoneを使って世界をどうしたいんだろう。この会社ががんばりすぎるせいで、ちょっと馬鹿になりそうです、ぼく。