Hatena::Groupwiredlife

裏側ヒュースケン

2006/06/30 Friday

[]監査法人

4大監査法人の業務改善勧告へ=不正防止体制に欠陥-審査会、金融庁に

 金融庁の公認会計士・監査審査会(会長・金子晃慶応大名誉教授)は29日、同庁に対し、カネボウ粉飾事件で業務停止命令を受けた中央青山監査法人を含む4大監査法人に業務改善指示を行うよう勧告する方針を固めた。30日午前の臨時会合で正式に決める予定で、金融庁は近く業務改善指示を発動する見通し。審査会が昨秋以降、4大法人を立ち入り検査した結果、各監査法人とも所属会計士の不正を防止するための組織的な業務運営に重大な欠陥があることが判明。会計監査制度への信頼性を早急に回復させるため、抜本的な内部体制の見直しが必要と判断した。

 審査会が金融庁に勧告を行うのは初めて。会計士業界は今後、信頼回復に向けて徹底的な対応策を求められることになる。

ぼくらが勉強する「理論」では、個々の会計士は監査意見の表明にあたり審査を受けなければならず、その審査をちゃんとやる基準を各監査法人が整備しなければならず、そういう整備がちゃんとなされているかどうかを監査審査会&金融庁が立ち入り検査できる、とされております。まあ、その構図通りになっているわけですが、重大な欠陥があってもなあ。しかも4大全部に。