Hatena::Groupwiredlife

裏側ヒュースケン

2006/06/05 Monday

[]ひと段落

先週末と今週末が試験でした。

きのうは終わった後に中野で人々に声をかけ、イッセイに保護してもらう。ゾンビを撃ち、うな重を食べ、解答速報公表までの気晴らしに部屋を壮絶に片付け、公表後は酒を飲んだりよつばとを読んだり臨死江古田ちゃんを読んだりしていました。

競争試験なので自分の点数だけでは判断しきれないけど、とりあえず向こう半年は人間的な生活ができそうな感じです。あと少しだぜ。

試験の次の日はアレしようコレしようと色々考えていたわりに、いざその日になると何もしたくないっていうね。とりあえずピューと吹くジャガーを買ってこなきゃ。

ピューと吹く!ジャガー 11 (ジャンプコミックス)

ピューと吹く!ジャガー 11 (ジャンプコミックス)

[]和田さん

読売新聞は4日までに、電話や面会で、和田氏から今回の疑惑について話を聞いた。その中で、自らの創作方法について、「構図を借り、私なりのものを加えているのが自分の手法。海外で勉強した画家でないと、このような微妙なニュアンスは分からない」と主張したものの、構図を借りることについてスギ氏の了解が十分ではなかったことを認め、「社会通念上、盗作と言われても仕方ない」などと述べた。

スーパーフリーに続く、わるい和田さん。民主党の偽メールやアヌシュ*1の時も思ったけど、絶対無理だとわかっていてもしなきゃいけない言い訳は面白いと思う。

[]亀田さん

 プロボクシングで人気沸騰の亀田3兄弟の二男、亀田大毅(協栄)が5日、東京・後楽園ホールで8回戦に登場。女子高生らが多数駆け付ける中、ヨッピー・ベヌー(インドネシア)を5回27秒にTKOで下した。試合後、お決まりの歌をリング上で披露。女性ファンの歓声に、「耳がキンキンしたわ」とうれしそうだった。

 1回からガードを高く上げ、左を上下に、ダブル、トリプルと打ち込んだ。「もっとできることはあったけど、一発を狙い過ぎたのかな。内容はよくなかった。でも、ダメージを蓄積させて倒した」。戦績は4戦4勝(3KO)に伸びた。

 相手はインドネシアのフライ級元王者という肩書だが、ダウンした後に立ち上がり、戦意喪失で再び座り込むあっ気ない幕切れ。強い相手にぶつけるまで、亀田陣営は大事に育てたいようだ。 

記事を書いた人、亀田が嫌いなのかなと思った。ぼくも嫌いですが。この、駆け付けた多数の女子高生っていうのは普段何をして毎日を過ごしている人なんだろう。

もうほら、馬鹿を持ち上げて楽しむのはやめようぜ!(馬鹿を持ち上げている人を見て楽しむのもやめようぜ!>俺)

*1:ドーピングで金メダル剥奪、室伏が繰り上げになった時の人。名前はググって調べた。